先駆者としてのジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行が提携するATM

ジャパンネット銀行はインターネット上において銀行サービス等を提供しています。したがって、窓口のある一般的な店舗や独自のATMは持ち合わせていません。現金の引き出しや預け入れ等、ATMを必要とする際には提携する他の銀行等金融機関のATMを利用することになりますので、具体的にどの金融機関のATMが使えるかについて見ていきたいと思います。

ジャパンネット銀行のサービスを利用することのできるATMとしてまず挙げられるのが、三井住友銀行とゆうちょ銀行に設置されているATMです。ゆうちょ銀行のATM設置台数は非常に多く、また全国にまんべんなく設置されているものですので便利に利用することができますし、三井住友銀行のATMも比較的大きな都市を中心として駅の近くや街の中心部に設置されていますので、利便性は高いものと言うことができます。

また、ジャパンネット銀行のサービスはコンビニエンスストア内に設置されているATMからも利用することができます。具体的にはセブン銀行のATM、コンビニATMのイーネット、そして@BANKのATMです。セブン銀行のATMは主にセブンイレブンやイトーヨーカドー店内に設置されており、イーネットのATMはファミリーマートやスリーエフ店内に設置されています。@BANKのATMは九州地区を除きますがファミリーマート店内において利用することができます。

それぞれのATMにおいてできることは、セブン銀行とイーネットのATMにおいては現金の入出金と残高照会を行うことができます。利用可能時間は基本的に24時間となっていますが、イーネットのATMにおいては毎週日曜21時〜月曜7時までは利用不可となります。@BANKと三井住友銀行のATMにおいては現金の入出金と残高照会に加えて振り込みと暗証番号の変更も行うことができます。こちらも毎週日曜21時から月曜7時までを除いて24時間利用が可能です。

ゆうちょ銀行のATMにおいては、現金の入金が平日7時〜21時と、土日祝日9時〜17時に利用可能で、現金の出金と残高照会は平日と土曜の0時5分〜23時55分と、日曜祝日の0時5分〜21時の間に利用可能となっています。

このようにジャパンネット銀行のサービスはさまざまな場所において、比較的長い時間利用することができるため大変便利と言うことができます。