先駆者としてのジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行のセキュリティサポート

インターネット銀行を利用するに当たって最も心配される事柄といえば、個人情報の漏れ等セキュリティに関わることが大きく挙げられるのではないでしょうか。ジャパンネット銀行においては、インターネット銀行を代表し、また常に先を行くものとして最先端のセキュリティサポート体制で利用者が安心して使える環境を提供しているようです。

インターネット銀行に関わる犯罪で怖いのが、パスワードを盗まれることにより不正に自分の口座からお金が盗まれてしまうことです。実際にこのような金融犯罪はインターネット銀行が広がるに従って拡大してきたものですが、ジャパンネット銀行ではこのようなインターネットを介した金融犯罪からの被害を防ぐために「ワンタイムパスワード」という仕組みを導入しています。

このワンタイムパスワードとは、「トークン」と呼ばれるハードウェアに随時表示される1度限りの、いわば使い捨てのパスワードを使用して取り引きを行うというものです。このトークンに表示されるパスワードは60秒ごとに更新され、また1度使用すると2度とは使うことができませんので、たとえそのパスワードが盗まれてしまったとしても実際の被害には遭わずに済むということです。

現状として、ジャパンネット銀行ではこのトークンを導入してからというもの、ワンタイムパスワードを利用しての不正出金は発生しておらず、非常に高いセキュリティ能力を持ち合わせた仕組みであることがわかります。

インターネット上における金融犯罪に巻き込まれることを防ぐためには、暗証番号やパスワードをこまめに設定し直すことも大切であるため、ジャパンネット銀行では利用者に向けてしっかりと対策をとってもらうように呼びかけています。またそれだけでなく、ジャパンネット銀行は早くからシステム面におけるセキュリティ対策にも力を入れており、利用者がより安全に、安心して使えるインターネット銀行を目指してさまざまな対策を取り入れています。また万が一の事態になってしまった場合にも、対処方法をサポートする体制は相談窓口や電話によるサポートを整えていますので安心です。

ジャパンネット銀行は、インターネット銀行の先駆者である責任として危機管理もしっかりと行っているということが言えるでしょう。